蔡國強さん、ACCの日米芸術交流プログラムにご寄付

1995年グランティ蔡國強さんが、昨年の第24回高円宮殿下記念世界文化賞を受賞されました。
この受賞賞金の半額を、このたび、ACCの日米芸術交流プログラム (Japan-United States Arts Program)にご寄付いただくことになりました。

蔡國強さんは、1995年、ACCの日米芸術交流プログラムのフェローシップにて、ニューヨークのP.S. 1インターナショナル・スタジオ・プログラム (現MoMA PS1) へ参加されました。その恩返しということで、今回、ACCへのご寄付を決定されたとのこと。

ACCの日米芸術交流プログラムは、1983年、堤清二様により西武セゾングループから国際交流基金を通して寄付された基金により設立され、その後、多くのグランティからのご寄付を随時追加しながら、現在に至るまでACCのグラント運営資金として活用されております。
蔡さんからいただいたご寄付をより素晴らしいフェローシッププログラムに活かしていけるよう、ACCスタッフ関係者一同、これからも鋭意努力していく所存です。

また、世界文化賞のもう半分は、福島県いわき市の「いわき万本桜プロジェクト」と、蔡さんといわきの方々とでつくられた「いわき回廊美術館」の建設に寄付されています。震災後の復興を願い、蔡さんの第二の故郷であるいわき市の方々の支援です。

ACCへのご寄付についてのプレスリリースは、こちらをご覧下さい。
英語版:PRESS_RELEASE_CAI_ENG_5.1.13
日本語版:PRESS_RELEASE_CAI_JPN_5.1.13

蔡さんのいわき市のプロジェクトはこちらでご紹介しています。
http://asianculturalcouncil.org/japan/?p=7289

Photo by Lin Yi, courtesy Cai Studio
Photo by Lin Yi, courtesy Cai Studio