Beijing Dance Theater performing at Brooklyn Academy of Music. Photo by Jiang Han

ACC50周年

ごあいさつ

2013年、アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)は、1963年のジョン・D・ロックフェラー三世によるプログラム創設以来50周年を迎えました。また日本では、1983年に堤清二氏によってつくられたACCの「日米芸術交流プログラム」の発足とACC日本オフィス設立から30周年です。これまでの50年間にわたり、アメリカとアジアのアーティストや学者、芸術の専門家約4000人にグラント(助成金)を提供してまいりました。そして、日本において、その数は580名を超えます。

ACCは、次の50年に向かって、これからも未来の文化を担う個人への支援を通して、世界と日本の文化の発展へ貢献していきます。

Asian Cultural Council

 

ACCの50周年について、詳しくはこちらのニュースレター(PDF)を御覧ください。

ACC50th Newsletter PDF