9/10「ACCトーク 第2回:潘 逸舟さん」開催

*English text follows

ACCトーク
第2回:潘 逸舟さん
〜ニューヨーク、東京、上海〜
NY在住アーティスト青崎伸孝さんを迎えて

日時:2016年9月10日(土)16:00〜*約1.5時間のトーク後、同会場にて懇親会あり。
会場:BankART Pub & Café(横浜市中区海岸通3-9)access

 ACC日本オフィスでは、ACCグランティ(助成受給者)をお招きし、ACCの助成プログラムを通した体験をお話いただく、トークイベントシリーズ「ACCトーク」を開催しています。

 9月10日(土)、横浜BankARTにて開催されるシリーズ第2回は、2014年度のACC個人フェローシップにて、ニューヨークに6ヶ月間滞在されたアーティストの潘 逸舟(はん・いしゅ)さんにご出演いただきます。中国と日本にルーツをもつ潘さんに作品やテーマとされていること、また、自身のバックグラウンドから、2015年にNYに滞在された時のご経験や新たな気付きなど、現在に至るまでの活動の軌跡をお話いただきます。
 続いて、潘さんがNY滞在中に出会った、2005年の渡米以来NYを拠点に活動するアーティストの青崎伸孝(あおざき・のぶたか)さんにご出演いただき、作品のご紹介とともに、青崎さんが拠点とするNYのクイーンズ地域の移民や文化、芸術の関わりについてお話いただきます。異なるバックグラウンドをもつ二人が、それぞれの視点から、移民、異文化、それにまつわる芸術表現について、具体的な事例を紹介しながら意見を交換します。

 トーク終了後には懇親会の時間も設けております。
 是非お誘い合わせのうえご参加ください。
 
 
◇イベント概要◇
「ACCトーク第2回:潘 逸舟さん
〜ニューヨーク、東京、上海〜 NY在住アーティスト青崎伸孝さんを迎えて」

日時:2016年9月10日(土) 16:00〜 *約1.5時間のトーク後、同会場にて懇親会あり。
会場:BankART Pub & Café(横浜市中区海岸通3-9)access
   横浜みなとみらい線「馬車道駅」6出口[赤レンガ倉庫口] 徒歩4分
出演:潘 逸舟(はん・いしゅ)、青崎伸孝(あおざき・のぶたか)
言語:日本語のみ
参加費:無料
定員:先着 30名 ※予約制
申込方法:EmailまたはFaxにて、件名「9月10日ACCトーク申込み」とし、本文に
①お名前 ②職業 ③参加人数 ④ご連絡先 をご記入の上、ACC日本オフィスまでお申込みください。
      ➢ Email: acc@accjpn.org
      ➢ Fax:03-3535-5565
※先着順ですのでお申込みはお早めに。
定員に達した場合は、ACCホームページにてお知らせします。
イベントページurl:https://www.asianculturalcouncil.org/japan/acctalk002/

◇プロフィール◇
Ishu_Han_portrait_s潘 逸舟 Ishu Han
1987年中国上海市生まれ、97年から2006年まで青森県に住む。2012年、東京芸術大学美術研究科先端芸術表現大学院修了。現在東京在住。 主な個展に「As far as I know」(ARATANIURANO, 東京, 2016)、「隣り合う記憶」(International Studio & Curatorial Program、ニューヨーク、2015)、「Study Country」(VCA School of Art、メルボルン、2013), 「海の形」(京都芸術センター ギャラリー北、京都、2012)、主なグループ展に「Sights and Sounds: Highlights」(ジューイッシュ・ミュージアム、2015)、「Balance Sheets」(Edouard Malingue Gallery、香港、2015)、「In the wake」(ボストン美術館、アメリカ、2015)、「Whose game is it?」(ロイヤルガレッジオブアーツ、ロンドン、2015)、「アジアン・アナーキー・アライアンス」(開渡美術館、台北、2014)、「在地未来」(何香凝美術館、深圳、2013)などがある。
HP:http://hanishu.com/

Breathing_Ishu_Han_s潘逸舟
「呼吸」
2012
映像17分07秒

 

 

reclining_statues_2015_s

潘逸舟
「リクライニング・スタチューズ」
2015
映像9分38秒

 

 

 

Profile_picture02_s青崎伸孝 Nobutaka Aozaki
鹿児島生まれ、2005年に渡米。現在ニューヨークを拠点に活動している。2012年、ニューヨーク市大ハンターカレッジ美術科修士課程を卒業し、同校主催の第一回「C12 新進作家賞」を受賞。以来ニューヨーク・ファウンデーション・ フォア・ジ・アーツ(NYFA)や社会関与アート支援団体ブレードオブグラスからの助成を受けている。最近の主な展覧会にブルックリン美術館(ニューヨーク)、クイーンズ美術館(ニューヨーク)、ISCP (ニューヨーク)、テンプルコンテンポラリー(フィラデルフィア)、SPIKE (ベルリン)、 ヴェームランド美術館(スウェーデン)、ステイトメンツ(東京)など。 スコヒーガン美術学校、ブロンクス美術館、ロウアーマンハッタン・カルチュラル・カウンシルのレジデンシープログラムに参加。現在クイーンズ美術館のスタジオプログラムにて制作している。ニューヨークタイムズやスパイクアートクォータリー、キャビネットマガジン、アートアジアパシフィックなど掲載された記事多数。
HP:http://www.nobutakaaozaki.com/

Nobutaka_Aozaki_Fortune cookie dictionary_s青崎伸孝
「Fortune Cookie Dictionary」
2015
フォーチュンクッキーおみくじ
(アルファベット順)
7.6cm x 4cm x 2cm

 

 

Nobutaka_Aozaki_clock_s

青崎伸孝
「移民のための時計(日本-ニューヨーク)」
2013
時計、追加された時針
38 x 38 x 6cm

 

 

 

 

acctalk002ご案内PDF

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主催:アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)日本オフィス
特別協力:BankART 1929

問合せ先:アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)日本オフィス
104-0031 東京都中央区京橋三丁目12-7 京橋山本ビル4F
Tel: 03-3535-0287 Fax: 03-3535-5565 Email: acc@accjpn.org
Web: https://www.asianculturalcouncil.org/japan/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ACC Talk #2: Ishu Han
~ New York, Tokyo, Shanghai ~ with New York-based artist Nobutaka Aozaki

Date & Time: Saturday, September 10, 2016 4:00pm *A reception will follow the 1.5-hour talk
Venue: BankART Pub & Café

(3-9 Kaigan-dori, Naka-ku, Yokohama) access

ACC Japan hosts the ACC Talk series, a platform for ACC grantees to present on the experiences gained during their ACC fellowship programs.

The second talk in the series will feature visual artist Ishu Han, who spent six months in New York in 2015 on an ACC fellowship. Mr. Han, who has roots in China and Japan, will speak about the trajectories of his life and his work, and reflect on the discoveries he made in New York.

Following Mr. Han’s presentation, fellow artist Nobutaka Aozaki – who has been based in New York since 2005 and whom Mr. Han met there during his fellowship – will join the discussion to talk about his own work and the culture of immigrants in Queens, NY. The two artists will exchange their ideas and perspectives about immigration, cultural difference, and the artistic representation of these subjects, drawing on their different backgrounds and introducing specific examples.

◇Event Information◇
Event Title: ACC Talk #2: Ishu Han ~ New York, Tokyo, Shanghai ~ with New York-based artist Nobutaka Aozaki
Date & Time: Saturday, September 10, 2016 4:00pm *A reception will follow the 1.5-hour talk
Venue: BankART Pub & Café (3-9 Kaigan-dori, Naka-ku, Yokohama) access
Bashamichi station (Yokohama Minato Mirai Line) No.6 Exit (Aka-renga Soko guchi) 5min walk

Speakers: Ishu Han, Nobutaka Aozaki
Language: Japanese only
Admission: Free
Seating capacity: 30 (advance reservation required)
Reservations: Please send an email or fax to the ACC Japan office. Include the subject line “9月10日ACCトーク申込み”and the following details: name, occupation, number of attendees, and contact information. 
➢ Email: acc@accjpn.org ➢ Fax: 03-3535-5565

◇Profile◇
Ishu Han
b. 1987, Shanghai, China. Currently lives and works in Tokyo, Japan. From 1997 to 2006, Han resided in Aomori, Japan. He received an MA in Intermedia Art from Tokyo University of the Arts, Tokyo, Japan, in 2012. His works have been featured in a number of solo exhibitions, most recently, “AS far as I know” (ARATANIURANO, Tokyo, 2016); “Memory of each other” (International Studio & Curatorial Program, New York, 2015); “Study Country” (Victorian College of the Arts Student Gallery, Melbourne, 2013); and “Form of Sea” (Kyoto Art Center, Japan 2012); and in group shows such as “Sights and Sounds: Highlights” (The Jewish Museum, New York, 2016); “Balance Sheets” (Edouard Malingue Gallery, Hong Kong, 2015); “In the Wake – Japanese Photographers Respond to 3/11” (Museum of Fine Art, Boston, 2015); “Whose game is it?” (Royal College of Art Gallery, London, 2015); “Asia Anarchy Alliance” (Kuandu Museum of Fine Art, Taipei, 2014); and “Local Futures” (He Xiang Ning Art Museum, China, 2013), among others.       
HP: http://hanishu.com/

Nobutaka Aozaki
Nobutaka Aozaki is a New York-based artist born in Kagoshima, Japan. He completed his MFA at Hunter College in 2012. He has been awarded the Artist Files Grant from A Blade of Grass Foundation, and the Artists’ Fellowship from New York Foundation for the Arts. Recent exhibitions include “Transportation” (ISCP, New York); “Crossing Brooklyn” (Brooklyn Museum, New York); “Queens International 2013” (Queens Museum, New York); “What is the Real Value of Wealth” (Temple Contemporary, Philadelphia); “Tina” (SPIKE, Berlin); and “Where Do We Migrate To?” (Varmlands Museum, Karlstad, Sweden). He has participated in the Skowhegan School of Painting and Sculpture program, the Artist in the Marketplace (AIM) program at The Bronx Museum of the Arts, and the LMCC Swing Space residency program. He is currently in the Queens Museum Studio Program. His work has been recently discussed in Spike Art Quarterly, The New York Times, The Atlantic Cities, The Huffington Post, ArtAsiaPacific, and Cabinet Magazine.
HP:http://www.nobutakaaozaki.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Organized by Asian Cultural Council Japan
Special Thanks to BankART 1929

Asian Cultural Council Japan
Kyobashi Yamamoto Bldg. 4F,
3-12-7 Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo 104-0031 Japan
Tel: 03-3535-0287 Fax: 03-3535-5565 Email: acc@accjpn.org
Web: www.asianculturalcouncil.org / www.asianculturalcouncil.org/japan
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ACCTalk_HanAozaki_main_s