Issui Minegishi with Pauline Oliveros, 2009

プログラムについて

ACCは、アジアのアーティスト、学者、専門家が、アメリカと母国以外のアジア地域で調査、研究、視察、および創作活動を行うためのグラント(助成金)を提供します。また、アメリカ人が同様の活動をアジアで行う際や、アジアとアメリカ、そしてアジア諸国間の文化交流に特別な重要性を持つプロジェクトに対して、それを実施するアメリカやアジアの芸術団体や教育機関にも助成を行ないます。 申請から選考、交付まで、年度単位で行なっています。

ACCの助成プログラムの特徴

ACCは、1963年のプログラム設立から現在までの約50年間にわたり、アメリカ合衆国とアジア諸国において約6,000人、日本においては500人を超える方々にグラントを提供してきました。

ACCのフェローシッププログラムは、アーティストや芸術の専門家が母国外で行なう活動における支援の提供だけではなく、渡航に関する手配や、研究調査のための各種団体への協力依頼、人と人とのネットワークの形成、さらに専門分野におけるさまざまなアドバイスやお手伝いなど、その目標到達に至る過程に必要とされるテイラーメイドの支援を行なうことに大きな特徴があります。

ACCのこのような支援活動によってつくられる人と人とのつながりは、国境や世代を超えた文化の継続的なネットワークとして、新しい才能を育む基盤にもなっています。