Beijing Dance Theater performing at Brooklyn Academy of Music. Photo by Jiang Han

理事長からのメッセージ

image001アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)は1963年私の大叔父であるジョン・D・ロックフェラー三世により設立されました。そして、ジョンと彼の妻のブランシェットの日本の芸術と文化への愛情とともに、堤清二氏によるご寄付により1983年、ACCは「日米芸術交流プログラム」を設立し、アジアにおける最初のオフィスを東京に設立しました。

堤清二氏および公益財団法人セゾン文化財団の指導による支援、また、ACC東京オフィスのたゆまぬ努力により、ACCは、他の団体や組織とは一線を画した方法により、文化交流を通じた日本とアジア、そしてアメリカのアーティスト、学者、そしてコミュニティ全体を支援することができるようになりました。ACCはまた、アーティストや彼らが生活し創作を行なっている地域社会やコミュニティにインパクトを与えうるコラボレーションや調査、創作活動に対して、比類なきチャンスを与えています。

今日、異文化間の対話や尊敬を築いてきた私たちのグランティ(助成金受給者)がもたらす社会への影響の素晴らしさ、そして文化は多様に違いながらも加速的に繋がっていく私たちの社会において、ACCの使命が持つ必要性と問題意識により、ACCの活動は続けられていきます。

ACCの今の姿があるのは、私たちの理事、支援者、スタッフ、そして、グランティたちの努力の積み重ねのお陰です。エキサイティングで、有意義であり、そして、影響を与えうる組織です。そのようにして、私たちは国際理解への重要な貢献を行なっています。

過去を振り返り、その成果を祝うとともに、未来を見据えます。ジョン・D・ロックフェラー三世のヴィジョンを継承し、大陸や地域を分かつ境界、学問分野や世代を超えた大変重要な結びつきとして機能し、そして、アジアとアメリカの芸術の専門家たちや文化の研究者たちが集う玄関口としての役割を全うしていきます。

ロックフェラー家、またACCのコミュニティ全体を代表し、日本における才能豊かなグランティの皆様、献身的なスタッフ、また、ご支援者の皆様に、心よりお礼申し上げます。そして、これからの50年に向かって、文化を支援することの喜びをご一緒させていただければ幸いです。

Wendy O'Neill Signature

 

ウェンディ・オニール
理事長
アジアン・カルチュラル・カウンシル

Message from the Chairman

The Asian Cultural Council was established by my great uncle John D. Rockefeller 3rd in 1963. Inspired by John and his wife Blanchette’s love for Japanese art and culture and enabled by a generous donation initiated by Seiji Tsutsumi, ACC established the “Japan-United States Art Program” and opened its first Asia office in Tokyo in 1983.

With the leadership support of Seiji Tsutsumi and The Saison Foundation and the continuous efforts of the local ACC Tokyo office, ACC nurtures artists, scholars, and communities in Japan and throughout Asia and the United States through cultural exchange, in a unique way unlike any other organization. ACC provides unparalleled opportunities for collaboration, research, and creative work that transform the artists and the communities in which they live and create.

Today, we remain motivated by the profound impact our grantees make to advance cultural dialogue and mutual respect, and by the urgency and relevance of our mission in our increasingly interconnected yet culturally divided world.

It is the collective effort of our Trustees, supporters, staff, and grantees that make the ACC what it is—an exciting, meaningful, and inspiring organization. Together, we make important contributions to international understanding.

As we celebrate our past, we also look to our future. We will continue to fulfill John D. Rockefeller 3rd’s vision and serve as a critical link across continents, regional borders, disciplines, and generations and be a portal for Asian and American artistic professionals and cultural scholars to come together.

On behalf of the Rockefeller family and the entire ACC community, I express my sincerest gratitude to ACC’s gifted alumni, dedicated staff, and loyal supporters in Japan. We look forward to sharing the joy of cultural development together for the next 50 years and beyond.

 

Wendy O'Neill Signature

Wendy O’Neill
Chairman

Asian Cultural Council