絞り込み検索を閉じる
検索
トピックを絞り込む

トピックス

トピックを検索トピックを検索/絞り込む

ミホ・ウォルシュ:"壊れやすい世界に足場を組むこと"

ACCのエグゼクティブ・ディレクターのミホ・ウォルシュより、「ACC各国ディレクターご紹介」シリーズの最後のビデオをお届けします。自宅窓から見えるエリザベス・キャットレットのパブリック彫刻「インビジブル・マン:ラルフ・エリソンへの追悼」やニューヨークに偏在する工事現場の足場の風景を見ながら話してくれています。 *英文のみ

全文表示

ブー・ニャット・タンを悼んで

ACCは7月21日に癌のためにハノイで亡くなった2000年、2011年のグランティブー・ニャット・タン(1970-2020)を追悼します。*英文のみ

全文表示

"アーティストは必要不可欠なもの"

6月26日、ACCニューヨークとして初となるオンライントークを開催しました。ACCアルムナイのサジャタ・エップス氏とフレディ・チャン氏にご出演いただき、コミュニティにおけるアーティストの役割についてお話いただきました。*英文のみ

全文表示

国際交流における連帯について

アジアン・カルチュラル・カウンシルは、F-1/M-1ビザの制限によって米国留学が危ぶまれている留学生の立場を擁護します。*英文のみ

全文表示

ACCチャリティ・オークションが開催されました!

ACCとクリスティーズによるチャリティー・オークションにおいて、計6,310,000香港ドルが落札されました。クリスティーズの皆様、ご支援いただいた皆様に心より感謝申し上げます。*英文のみ

全文表示

2020年のグラントプログラムについて:コロナ禍における国境を越えたつながりの維持

新型コロナウィルスの世界的流行が私たちACCの活動の場に与えた影響は深刻ですが、ACCの使命である国際的な対話や理解、尊敬の促進は社会において不可欠であり、変わることはありません。現在の状況や将来の不確実性に対応しながらも、5月のACC春の理事会では、実施時期などにおける制約があり早急な支援決定が必要であるグラントが承認されました。以下、本年2020年の現時点において、決定されたグラントを発表致します。

全文表示

サジャタ・エップス:"Post Something Black (なにか黒いものを投稿する) "

サスティナブル・デザイナーのサジャタ・エップス(ACC 2018)は、小さなエコロジカル・フットプリント*で、人種間の不平等に対する力強い声を持っています。「アメリカ人として、私はフロイド氏の死に対する反応に憤慨しています。政治的、社会的アジェンダの運動のために人の死を悪用することは単純に認められることではありません...」*英文のみ

*エコロジカル・フットプリント (Ecological Footprint):人間の生活が地球や環境に与えている負荷を知る指標

全文表示

ブラック・ライヴズ・マター(黒人の命も大切だ)

システマティック・レイシズム(制度化された人種差別主義)は、私たち人間の価値に対する深い裏切りであり、私たちの未来やそれを受け継ぐ次世代に対する直接的な攻撃です。有色人種に対する暴力を容認してはなりません。… *和文あり

全文表示
« ストーリーを読む / 4前のページ »