絞り込み検索を閉じる
検索
トピックを絞り込む

トピックス

トピックを検索トピックを検索/絞り込む

ACC新プログラム・ディレクター リン・シェ

アジアン・カルチュラル・カウンシルは、リン・シェをACCの新しいプログラム・ディレクターとして迎えたことをお知らせします。

全文表示

Marching Towards the New Normal

An independent dance artist known for his blended use of Oriental spirit and Western methodology, Wayson Poon (2019 Fellow) works internationally as a choreographer, researcher, and dance educator. He received ACC’s support to conduct movement research in Indonesia and the US. Although his stay in New York was disrupted due to COVID-19, Wayson’s resourcefulness led him to Japan, where he continued his movement research in Yokohama, Tokyo, and Kyoto. Wayson was able to reflect on his practice during his ACC fellowship and to absorb new ideas from exchanging with other artists.

Wayson's fellowship was made possible through the Lee Hysan Foundation.

全文表示

セシリー D. クック退職のお知らせ

アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)は、2021年12月末をもって、27年間ACCに勤務したセシリー・D・クックが退職することをお知らせします。

全文表示

歴史の中に人間性を見出す:東南アジアにおけるミュージアム・プログラミング

ソフィア・サンティアゴさんとアナ・タムラさん(ACC2020)は、フィリピンの博物館教育者を支援するために「The Museum Collective」を設立しました。この地域の博物館活動についての知識を深めるために、ACCフェローシップでカンボジアの歴史叙述と記念碑の研究に着手しました。

全文表示

ACCと変化を起こそう

今年は、是非ACCへの寄付をご検討ください。皆様からのご寄付は「文化交流は、世界を繋ぎ、相互理解と尊敬を得るための最も強力な手段である」というACCの信念を共有するアーティストを支援し続けることに直結します。

全文表示

ACC Supporters around the World: Group 33 (グループ・サーティースリー)

ACCの世界各国・地域の拠点では、支援者の皆様によるユニークな支援活動がそれぞれ行われています。特集第一回目は、ACC台湾のアート・パトロン(支援者)・グループ「Group 33(グループ・サーティースリー)」の活動をご紹介します。

会報誌「ACC Japan通信 2021年9月号」からの転載記事
画像:2020年8月に開催されたACC台湾財団理事役員会とGroup 33主催によるACC台湾25周年記念式典の様子

全文表示
« ストーリーを読む / 17前のページ »