絞り込み検索を閉じる
検索
トピックを絞り込む

トピックス

トピックを検索トピックを検索/絞り込む

2019-2020 Annual Report: Director's Message From Japan

2018年11月に設立された一般財団法人アジアン・カルチュラル・カウンシル日本財団(ACC日本財団)にとって、2019年と2020年は、その新な活動をスタートした年でした。

全文表示

2019-2020 Annual Report: Director's Message From Taiwan

In 2019, ACC New York and Taipei Offices launched the Taiwan Southeast Asia Program (TSAP) to engage ACC alumni from Taiwan and Southeast Asia to research and envision opportunities for culture exchange...

全文表示

ACCの理事から人事に関するご報告

The Board of Trustees would like to announce an upcoming transition at the Asian Cultural Council. On October 2, 2020, Miho Walsh will be stepping down from her role as Executive Director after more than 11 years at ACC. It is with deep gratitude and respect that we thank Miho for her dedication and passion towards ACC’s work and mission...

全文表示

国際交流における連帯について

アジアン・カルチュラル・カウンシルは、F-1/M-1ビザの制限によって米国留学が危ぶまれている留学生の立場を擁護します。*英文のみ

全文表示

"リタ・チャン:より良い未来に向けて"

ACC台北のディレクター、リタ・チャンをご紹介します。5月21日のインタビューにおいて、ACCの台湾アルムナイに向けた新型コロナウィルス対応施策について、ACCのアルムナイであるイダス・ローシンの展覧会でのグループ33の再会などについて話してくれました。

全文表示

"ジョセフィン・ワイ:課題と新たな機会"

ACC香港のディレクターであるジョセフィン・ワイが、ACCや助成事業、また、香港のアートコミュニティについてレポートします。「中国語では、どんな困難があってもそこには必ずチャンスがあるということわざがあります」と、ジョセフィンは言っています。

全文表示

"吉野 律:新しい未来"

東京の自宅から、ACC日本オフィスのディレクターを務める吉野 律をご紹介します。現在、ACCのスタッフは在宅勤務を実施していますが、吉野はACCアルムナイの動きや息づかいに深く耳を傾けています。*和文あり

全文表示

ブラック・ライヴズ・マター(黒人の命も大切だ)

システマティック・レイシズム(制度化された人種差別主義)は、私たち人間の価値に対する深い裏切りであり、私たちの未来やそれを受け継ぐ次世代に対する直接的な攻撃です。有色人種に対する暴力を容認してはなりません。… *和文あり

全文表示

"テレサ・ランセス:アートは魂を養う"

ACCフィリピンプログラムのディレクター、テレサ(テス)・ランセスをご紹介します。ロックダウン最終月となったマニラに住むテスから、コロナ禍における芸術や生活、そしてACCのアルムナイに関する最新情報をお届けします... *和文あり

全文表示
« ストーリーを読む / 2前のページ »