篠原有司男

ACC 1969 | 日本 | ビジュアル・アート | 米国にて芸術活動の追求とコンテンポラリーアートの発展の調査

チョウ・ミヨン

ACC 2014 | 韓国 | ビジュアル・アート | ニューヨークにてコンテンポラリーアートの調査と現地アーティストとの交流

ロナロング・カンパ

ACC 2012 | タイ | ダンス | アメリカン・ダンス・フェスティバルにてインターナショナル・コレオグラファー・レジデンシー・プログラムへの参加

ウー・チーツン 吳季璁

ACC 2013 | 台湾 | ビジュアル・アート | ニューヨークにてコンテンポラリーアートの調査と様々な分野におけるアーティストとの交流

ティアン・マンシャ 田蔓莎

ACC 2004 | 中国 | ダンス | 米国にてシアターカンパニーの訪問、観劇、演劇の専門家らとの交流

ケイコ・フカザワ

ACC 2015 | 米国 | ビジュアル・アート | 中国・景徳鎮にて楽天陶社(The Pottery Workshop)での二ヶ月間のレジデンシーに参加

ニール・ロクニック

ACC 1994, 2007 | 米国 | 音楽 | 2007年:中国のアーティストとの分野横断的パフォーマンス作品の共同制作、北京の中央音楽院にてレジデンス指導 | 1994年:日本にて、音楽、メディア、テクノロジーの現状の調査

チェイ・チャンケトヤ

ACC 2009-2013 | カンボジア | ダンス カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にてMFA(美術学修士)取得のため

アフガニスタン国立音楽院

ACC 2013 | アフガニスタン | 音楽 | ワシントンDC、ニューヨーク市での公演のため

アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)

アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)は、アジア諸国と米国における
文化交流活動を通じた国際対話や理解、尊敬を深め、より協調性のある平和な社会の創造に寄与します。
この使命の達成のため、アーティストや研究者、アートの専門家といった個人を対象とするフェローシップや
その他の支援プログラムを行います。

グローバル・インパクト

26

対象国及び地域

$100M+

総助成額

16

対象分野

6000+

支援件数

世界におけるACCについて詳しくはこちら

ACCの事業内容について

1963年にJohn D. Rockefeller 3rd Fund(ロックフェラー三世基金)のAsian Cultural Program(アジア文化交流プログラム)として設立されて以来、ACCは、母国では成し得ない専門的な研修や調査の機会を希求するアーティストや芸術、人文科学分野の専門家のための長期間のフェローシップ(研究奨学金)と短期間の渡航グラント(助成金)を提供してきました。グラントを得た方々は、渡航や調査、探求の機会を通して創造的なインスピレーションを得たり、ACCの国際理解の促進というミッションに共鳴するようなテーマに絞った研究プロジェクトを行います。
ACCの事業内容、申請についてはこちら