絞り込み検索を閉じる
検索
トピックを絞り込む

トピックス

トピックを検索トピックを検索/絞り込む

"アーティストは必要不可欠なもの"

6月26日、ACCニューヨークとして初となるオンライントークを開催しました。ACCアルムナイのサジャタ・エップス氏とフレディ・チャン氏にご出演いただき、コミュニティにおけるアーティストの役割についてお話いただきました。*英文のみ

全文表示

ACCチャリティ・オークションが開催されました!

ACCとクリスティーズによるチャリティー・オークションにおいて、計6,310,000香港ドルが落札されました。クリスティーズの皆様、ご支援いただいた皆様に心より感謝申し上げます。*英文のみ

全文表示

"いつもとは異なる一年、いつもとは異なる米国での体験"

ACCは、2000年から毎年、清華大学(中国・北京市)建築学部教員の米国マサチューセッツ工科大学(MIT)都市・地域研究専門プログラム(SPURS)への留学を支援してきました。そこで彼らは、自分のキャリアを振り返りながら、世界中の学者と有意義な交流を行ってきました。私たちは、中国の若手建築家を支援するために、新新昌一葉庚年教育基金から助成金を受けています。

20人目のフェローシップ受給者である孫詩萌さんの米国での交流経験をご紹介します。*英文、中文のみ

全文表示

"ジョセフィン・ワイ:課題と新たな機会"

ACC香港のディレクターであるジョセフィン・ワイが、ACCや助成事業、また、香港のアートコミュニティについてレポートします。「中国語では、どんな困難があってもそこには必ずチャンスがあるということわざがあります」と、ジョセフィンは言っています。

全文表示

ヤン・ヤン 楊陽:“If you are not there, I am not here”* or, when you are, I am ("あなたがいなければ、私はここにいない”* または、あなたがいるとき、私はここにいる)

キュレーターであり文筆家、また、香港のアートNPO soundpocketのアーティスティック・ディレクターでもあるヤン・ヤン(ACC2012年グランティ)が、香港におけるサウンドバイトや日常生活の中にある短い啓示やリズムを文章にしてシェアしてくれました。*英文のみ

全文表示

2020年のグラントプログラムについて:コロナ禍における国境を越えたつながりの維持

新型コロナウィルスの世界的流行が私たちACCの活動の場に与えた影響は深刻ですが、ACCの使命である国際的な対話や理解、尊敬の促進は社会において不可欠であり、変わることはありません。現在の状況や将来の不確実性に対応しながらも、5月のACC春の理事会では、実施時期などにおける制約があり早急な支援決定が必要であるグラントが承認されました。以下、本年2020年の現時点において、決定されたグラントを発表致します。

全文表示

ACC各国ディレクターご紹介

今月は、アジアン・パシフィック・アメリカン・ヘリテージ・マンス*です。アジアと米国におけるACCの各国ディレクターを招いてのシリーズにご期待下さい!

*Asian Pacific American Heritage Month (APAHM) は、毎年5月に設定されている、米国におけるアジア系アメリカ人及太平洋諸島系アメリカ人の歴史・文化・功績によるアメリカへの貢献と影響を認める月間です。

全文表示

イーノック・チェン:"書き換えられたタイムライン"

イーノック・チェンは2019年12月29日にニューヨークに到着、そこから新しい年と新しい10年が急速に近づいています。香港出身のインディペンデント・アーティスト/キュレーター彼にとって、この時ACCフェローシップはまだ始まったばかりでした...。*英文のみ

全文表示

and so, the journey continues

ACC remains unfaltering in the belief that cultural exchange can transcend conflicts and misunderstandings. We are devoted in bridging people through nurturing artistic talents. Tong Shanshan’s fellowship experience in New York is just one of the many examples where connectivity is the most important thing we need right now. 

全文表示
« ストーリーを読む / 3前のページ »