Takashi Murakami, 1994

2019年

ACC 日本関連プログラム 2019年助成

◆ニューヨーク・フェローシップ – New York Fellowship (ニューヨーク 6ヶ月)

北條知子(サウンドアート、実験音楽)
フェミニズムと音楽(サウンド)の交点、また、オノ・ヨーコの活動に焦点を当てたサウンドアートと実験音楽のアーカイブリサーチ。
Tomoko Hojo (Sound Art, Experimental Music)
To conduct archival research on sound art and experimental music, with a particular focus on Yoko Ono and the intersection of feminism and sound.
日米芸術交流プログラム – Japan-United States Arts Program

磯村暖(ヴィジュアルアート)
LGBTQや移民問題に焦点を当てたポリティカル&ソーシャルエンゲージドアートの潮流の調査。
Dan Isomura (Visual Art)
To observe trends in political and socially engaged art with a focus on LGBTQ and immigration issues.
日米芸術交流プログラム/ブランシェット・ロックフェラー奨学基金 – Japan-United States Arts Program/BHR Memorial Fund/Porter A. McCray Fellow ※1

◆個人フェローシップ – Individual Fellowship

日本から – From Japan

河内崇(演劇 テクニカル・ディレクター、ステージ・マネージャー)2ヶ月
ニューヨークにて、演劇におけるテクニカル(技術)専門職の実践調査。
Takashi Kawachi (Theater – Technical Director, Stage Manager) 2 months
To observe technical theater practice in New York.
日米芸術交流プログラム – Japan-United States Arts Program/ACC Saison Foundation Fellow ※2

嶋田美子(美術史)1ヶ月
1960-70年代における香港のオルタナティブアート教育の調査。
Yoshiko Shimada (Art History) 1 month
To research Hong Kong’s alternative art education of the 1960s and 70s.
日米芸術交流プログラム – Japan-United States Arts Program

杉原信幸(ヴィジュアルアート)6ヶ月
台湾における原住民文化の調査とアーティストや研究者との交流。
Nobuyuki Sugihara (Visual Art) 6 months
To research on Taiwanese aboriginal culture, and exchange with artists and art professionals in Taiwan.
日米芸術交流プログラム – Japan-United States Arts Program

日本へ – To Japan

マルガリータ・ブラッシュ(米国・演劇、人形劇)2ヶ月
日本における現代及び伝統双方における人形劇や文楽と、その実践を研究。
Margarita Blush (USA・Theater, Puppetry) 2 months
To study traditional puppetry and movement practice in Japan.
日米芸術交流プログラム – Japan-United States Arts Program/ACC Saison Foundation Fellow ※2

カーステン・キャリー(米国・音楽)3ヶ月
ACCの日本グランティ(田中悠美子 2006、本條秀慈郎 2015)等との交流における三味線奏法の学習。
Kirsten Carey (USA・Music) 3 months
To study shamisen technique with ACC grantees such as Yumiko Tanaka (ACC 2006) and Hidejiro Honjo (ACC 2015).
日米芸術交流プログラム – Japan-United States Arts Program

ジェイスン・ハワード(米国・ダンス)4ヶ月
神戸のNPOダンスボックスでのレジデンスプログラム参加。日本伝統の舞台芸術を学ぶとともに神戸とシカゴのダンスの交流活動。
J’Sun Howard (USA・Dance) 4 months
To undertake a residency at NPO Dance Box (ACC 2016) in Kobe, study traditional theater practice, and plan for future exchange of dancer/choreographers between Kobe and Chicago.
日米芸術交流プログラム – Japan-United States Arts Program/ACC Saison Foundation Fellow ※2

シンユエ・チウ&シンイ・チウ 邱心悅 & 邱心依(台湾・音楽)2ヶ月
日本における三味線および薩摩琵琶の奏法学習を通じた、東アジア伝統音楽の調査。
Hsin-Yueh Chiu & Hsin-Yi Chiu (Taiwan・Music) 2 months 
To study shamisen and Satsuma biwa technique in Japan to expand their understanding of East Asian classical music performance.
ACC Taiwan Program

◆団体助成 – Grants to Institutions

特定非営利法人ブリッジフォージアーツアンドエデュケーション(日本・演劇、ダンス)2ヶ月
ジョグジャカルタ(インドネシア)において、カンボジア、インド、インドネシア、日本、マレーシア、タイのアーティストとともに、多文化ワークショップ開催を支援。
Bridge for the Arts and Education (Japan・Theater, Dance) 2 months
To support two months of cross-cultural workshops in Jogjakarta with performing artists from Japan and Southeast Asia.
日米芸術交流プログラム – Japan-United States Arts Program

リージャン・スタジオ 麗江工作室(中国、日本・音楽)2ヶ月
中国雲南省のリージャン・スタジオと、北海道を拠点とするレジデンスプログラムの交流プログラムを支援。
Lijiang Studio Foundation (China, Japan・Music) 2 months 
To support the Lijiang/Hokkaido Reciprocal Residency Program.
日米芸術交流プログラム – Japan-United States Arts Program/ Beijing Contemporary Art Foundation Program

VT アートサロン(シンガポール、台湾・キュレトリアル)2ヶ月
冷戦時代の地政学の遺産である「island chain/アーキペラゴ(多東海)」を再構成する調査・展示プログラム「Island Hopping – Reversing Imperialism」の第二フェーズにおける、沖縄での調査とアーティストやアートの専門家との交流支援。
VT Art Salon (Singapore, Taiwan・Curatorial) 2 months
To support the second phase of Island Hopping— Reversing Imperialism, a research and exhibition program that reframes the “island chain” geopolitical legacy of the Cold War and initiates dialogue between Pacific Island nations.
ACC Taiwan Program

 

—————————————————————————————————————————————————————

※1「Porter A. McCray Fellow」は、ジョン・D・ロックフェラー三世基金の初代ディレクターであった氏の貢献を讃えて制定いたしました。

※2「ACC Saison Foundation Fellow」は、公益財団法人セゾン文化財団によるACCへの年次助成金から支援される個人に授与しています。

新ロゴ横